トップへ戻る

子供 虫歯 予防

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

子供の歯が虫歯になるのはなぜ?毎日磨いているのに〜

ブリアン虫歯

 

ブリママです^^ 今日はなぜ虫歯になるのか?

 

ブリアンの開発者で歯科医師の斉藤先生に
教えてもらった事を書いていきたいと思います。
最後まで宜しくお願い致します。

 

そもそもの疑問として、毎日磨いているのに
なぜ、虫歯になっていくのか?

 

私たちが思い浮かべる事はこんな感じ

 

⇒甘いものを良く食べるから
⇒ちゃんと歯を磨ききれていない
⇒遺伝なども関係している?などなど

 

ただ、ちょっと違ってて「虫歯菌」が虫歯の
大きな原因になっているそうなんですよ〜

 

虫歯をはじめ、歯周病などって
インフルエンザと同じ感染症らしいです。
つまり、うつるということ。

 

虫歯の原因菌となる虫歯菌、口と歯が
本来持っている性質・抵抗菌、食習慣(砂糖)
これらが互いに作用しあってしまうと虫歯になります。

 

もちろん、時間も関係するそうです。
もう少し噛み砕いていきましょう。

 

子供の虫歯が出来てしまう3つの原因

 

歯の汚れ・歯垢

 

虫歯の原因になる細菌
ミュータンス連鎖球菌という菌が
歯の表面や隙間に繁殖していきます。

 

抵抗性

 

虫歯は歯や歯のくぼみの部分に出来やすいです。
また唾液の量が少ないと、歯の脱灰(カルシウムが溶け出すこと)
これらの原因にもなってしまいます。

 

砂糖類

 

不規則な食生活、間食、糖分の多い食事
口の中の不衛生は虫歯菌を繁殖させます。

 

この様に3つの要素が重なり会った時に虫歯が出来ます。

 

ちょっと難しい話になりますが、虫歯発生に重要なのは
口の中に住んでいるストレプトコッカスミュータンス菌を
はじめとした虫歯菌です。

 

この虫歯菌は歯に付着した砂糖から
グルカンという水によけないネバネバとして
物質を作ります。

 

この物質の働きによって、虫歯菌が
歯の表面にしっかりとくっついてしまい、
虫歯菌の塊(クラーク)を形成してしまうのです。

 

更にその虫歯菌は砂糖類を餌にして
酸を作り出してしまいます。

 

歯の表面のエナメル質はある程度の強さの酸に
さらされてしまうと溶け始めていきます(脱灰のことです)
これが虫歯のはじまりとなってしまいます。

 

これらの原因となる部分を日頃から予防してくれるのが
1年前ぐらいから注目をされている「ブリアン」です。

 

ブリアン購入

 

⇒子供の体験談はこちらの記事からです。

 

ブリアンはこれらの原因に対して
独自のアプローチをしていきます。

 

ブリアンの大きな特徴の1つに「BLISM18」があります。

 

ブリアンBLISM18

 

BLISM18菌は、ブラッシングの時に虫歯の原因となり
増殖をさせる歯垢を取り除いていきます。

 

非常に細かい粒子なので、歯と歯の間をはじめ
奥歯の奥の方、歯と歯茎の間など

 

歯ブラシが届きづらい箇所にも届いてくれるので
歯垢だけではなく虫歯になりづらい口内環境も
同時に作る事が出来るんですね!