トップへ戻る

ブリアン 口内環境

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

子供の口内環境を整える為には歯磨きも大切。

ブリママです。今日は口内環境の話です。

 

子供は外出の後に手を洗おうとしません。
手は口に物を運ぶ役割を果たしますので、
毎日の手洗いは必須ですよね?

 

うがいは外からもらった菌を外に出す為に
風邪予防対策としてはこちらも必須です。

 

ただ、手洗い・うがいだけでは風邪予防は
充分ではないという事を知りました。

 

つまり、歯磨きが風邪予防にも繋がるそうなんです。

 

朝起きたらうがいだけではなく、歯磨き習慣を促す

 

寝ている間は唾液の分泌が減るらしく
口の中で細菌が増えるそうです。

 

朝の口の中はとっても不潔なんですね><
このままお水を飲んだり、ご飯を食べてしまうと
たくさんの細菌が胃の中に入り込んでしまいます。

 

だからこそ、朝起きたら直ぐにうがいをして
歯磨きをする習慣を付けれる様に意識をしましょう!

 

身体に取り入れるものの多くは、口を経由して取り込まれます。

 

例えば、どんなに下流を清掃しても上流が汚れた状態では
全く意味がないように、健康を気遣う上でも口内の健康って
とても重要なんですね。

 

だからこそ、その為にもブリアンを活用するのは
とても良いな〜と感じました。

 

子供の頃から歯のケアを頑張っておくと、
大人になってからの状態に大きく関係します。

 

80歳になっても20本以上が自分の歯である為に
子供の頃から最適な口内環境を整えることを
今から意識して取り組んでおくだけで違いますよ!

 

ブリアン体験談

 

⇒うちの娘がはじめたブリアン体験談はこちら

 

手洗い・うがいだけではない 子供の口内環境を整える為に!

 

実は生まれながらに口内環境が良い子供がいるそうです。
つまり、虫歯にもなりにくい特性を持っているということ

 

ブリアンに配合されているBLIS菌のことですね。

 

人の口の中は善玉菌や悪玉菌といった
色んな細菌が存在します。

 

虫歯の原因になってしまう菌の増殖が
虫歯になるのですが、この増殖を未然に防ぐ菌が
ニュージーランドで発見されたんですね!

 

ニュージーランドの小学校の子供を対象にして
口内菌を採取して6年の間追跡調査をした所
対象者780人の内、14人にBLIS菌が発見されたそうです。

 

ブリアンはBLIS菌を持たない子供の口内へ
届ける為に作られました。

 

わずか2%の子供たちの口内にだけ存在する
BLIS菌を培養して、この菌を持っていない子供たちへ
届ける事が出来れば、

 

国内の子供たちの口内環境はもっと良くなる!

 

口内フローラーを育てる為に、善玉菌の種まきをして
虫歯菌たちに負けない口内を育てて整えていく
これがブリアンのBLIS菌に期待される働きです。

 

私達が知っているオーラルケアは間違っている?

 

◆歯磨きは朝昼晩と欠かさないから大丈夫!

 

普通の歯磨きだけで虫歯菌を除去するのは
とても難しいのです。殺菌剤や界面活性剤が
配合されている歯磨き粉では、

 

口内を守ってくれる善玉菌までやっつけてしまいます。

 

◆甘いものを好まないので虫歯にはなりにくいはず

 

甘い物が虫歯の直接的な原因とは限りません。
唾液や口内の抵抗力が低いと、

 

虫歯菌が増殖しやすい環境を作ってしまいます。

 

◆食器はみんなで共有。家族だから当たり前

 

虫歯は遺伝性ではな「感染症」です。
同じ食器を使ったり、スキンシップなどの接触で
大人から子供へ菌をうつす事も多々あるそうです。

 

◆健康志向が高いし、実践もしているから大丈夫!

 

口内環境が整っていないと、せっかくの努力も
菌と一緒に取り込んでしまう形となってしまいます。
口の環境を整えておくことがはじまりなんですね!