トップへ戻る

ブリアン 評判

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブリアンの評判が気になる気持ちはとても分かりますが・・

ブリアンの評判をいろいろ見てみると
虫歯への効果というよりも
使い勝手に集中しているように感じます。

 

それはそれで良いことかもしれませんが
本来の意義とはずれているので
使っている人間にとっては
ちょっと複雑な気分になりますね・・・

 

良いことだけではなく悪いことも含めて
評判を考察していきたいと思います。

 

 

・好評意見が多数を占めるブリアン

 

 

ブリアンは虫歯菌を減らすことで
子どもが将来的に虫歯になりにくいようにするという
画期的な歯磨き粉ということで大々的に宣伝されてます。

 

全体的に評判は良い方に傾いています。

 

アットコスメでも多くの口コミが寄せられていますが
平均が5点以上となかなかの高得点を叩き出しています。
(最高は星7つ)

 

好評意見は子どもの歯磨き嫌いが直ったとか
逆に好きになったとか今のところ虫歯は出来てないとか
添加物の少なさが良いという感じでしょうか。

 

悪評意見では値段が高いとか粉状だから使いにくいとか
大人にとって子ども用は甘ったるいとか
1日1包では多いなどが目立ちます。

 

中には使っていても虫歯になったとか
虫歯に効かなかったという意見もあります。

 

 

 

・評判は本当に良いものなのか

 

 

全体的に評判を見て思ったのは
虫歯予防効果がどうのこうのではなく
使い勝手に集中してるようでした。

 

特に子どもの歯磨き嫌いが直ったという声が
非常に多く見られます。

 

それはそれで良いことかもしれませんが
肝心な部分からは逸脱しています。

 

注目すべきはブリアンを使っていても
子どもが虫歯になったという意見です。

 

虫歯になってから使って効果がないというのは
やり方が間違っているので論外ですが
使ってても効果がないというのは見逃せません。

 

もう1つ注目すべきは好評意見が多すぎること。
そして宣伝に繋げる場合が多いこともそうです。

 

宣伝が悪いわけではないですが
あからさまなパターンが多いので
評判を知りたい上ではずれてしまいます。

 

昨今のインターネットの世界は
芸能人のステマ問題などもあって
評判を見る目が問われています。

 

よって少数意見こそが信憑性が高いのではないかと
使ってる側からみても思えてしまうわけです。

 

おそらく虫歯になる子どもだけではなく
大人も含めて何を使ってもそうなると思います。

 

ブリアンには大人用もあるわけですが
その評判もほぼ似たようなものかと。

 

寝起きの口のネバネバ感や
口臭が気にならなくなったという意見も見られるので
良いと言えば良いですが虫歯的にどうなのか、
という意見をもっと知りたいところです。

 

が、自分で試してみて本当の評判を
探ってみるのがいいと思います。

 

ブリアンを販売しているお店は
公式ページのみとアナウンスされています。

 

にも関わらず他のお店でも取り扱われ始めています。

 

その点について思うことをいろいろ書きます。

 

結局は公式がよろしいという内容の記事が多いので
それとは少し違った内容にしたいと思います。

 

 

・ブリアンは通常なら公式のみで売ってるもの

 

 

ブリアンは人気商品なので
たくさんのお店が取り扱いたいものだと思いますが
公式ページ限定商品になっています。

 

詳しくはわかりませんがおそらくメインとなる
ブリス菌が大量に生産できないことや、
コストなどが関係していると思われます。

 

ただ不思議なことに公式以外でも
取り扱ってるところがちらほら出てきています。

 

主に楽天とアマゾンとヤフーショッピングです。

 

さすがに薬局などの実店舗にあったという声は
いまのところ聞いたことはありませんが
もしかしたらそのうち出てくるかもしれません。

 

なんで出てくるかは不明ですが
おそらく無許可で出してるんだと思います。

 

なぜそう思うのかというと、
公式ページで他店では購入できませんと
表記されているからです。

 

 

・ある意味では他店で買うのもあり?

 

 

消費者にとってはいろんなところで買えたほうが
便利かもしれませんがまあ結局のところ
どこが得かという話に落ち着いてしまいます。

 

例えば楽天でよく買い物をする人にとっては
ポイントが使えたりする利便性があります。

 

クレジットカードを登録してる人も多そうですし
住所も改めて入力する必要もないですよね。

 

何より費用面でギャップが激しい。

 

アマゾンは例外ですが公式以外で買うと
まともな値段で買うことになるので
公式と比較して倍くらい違ってきます。

 

定期で申し込むのが条件ですが
継続必須期間は2ヶ月と短いうえに
その後も割引してくれるので、
結局どこも変わらないという風にはなりません。

 

あとは返金保証がつくつかないもあるので
他店では不利なことが多いです。

 

たとえポイントがつくとしても
キャンペーンでもないかぎり1%程度です。

 

8000円だとしたら80円しかつきません。
よってコスパは非常に悪いといえます。

 

ただ、それでも他店でよいと考える人もいるはずです。

 

申込みとか定期とかめんどくさいから
慣れた店で買いたいと思う人もいるかもしれません。
ただ公式の方が何かあった時が安心です。

 

ブリアンはとても人気がある歯磨き粉なのか
悪評がとても少ないこともある意味では
話題になっています。

 

悪評とは悪くつけられた評価ということで
商品自体に問題があればすぐに沸き起こるもの。

 

ネット的には炎上という状態です。

 

最近は質の悪いものが多いことと
情報が拡散しやすい世の中ですから
たちまち広がってしまいます。

 

そんな現状で悪評が少ないということは
それほど優れた歯磨き粉なのでしょうか?

 

今回はそのことについて考えていきます。

 

 

・ブリアンに悪評があまりないのはなぜか

 

 

ブリアンは2015年5月20日に発売された歯磨き粉で
虫歯菌に対抗する特殊な乳酸菌が配合されたものです。

 

その斬新な発想から人気に火がついたと思われます。

 

この記事を書いている時点での話ですが、
発売から2年ほどが経過しています。

 

それを短いか長いかを判断するのは人それぞれですが
一般的にはかなり歴史は浅いと言えます。

 

それも悪評が少ない一因だと考えられます。

 

健康に関することは効果を実感するまで
長い時間を要するものです。

 

ブリアンは虫歯をなくすというより
予防するというものですので
効果のあるなしの境界線が曖昧です。

 

それによりちゃんとした判断がくだせず
現在に至る状態ともいえるのではないでしょうか。

 

それを物語るように悪評といっても強いて言えば、
というレベルに留まっています。

 

値段が高い、
粉状なので使いにくい(ペーストが良かった)
他の歯磨き粉と併用できない、
プランの変更は電話のみ対応などです。

 

プランとは定期コースでの周期変更や
お届日時の変更などを指します。

 

値段もそうですがもはや歯磨き粉そのものとは
全く関係ない話です(笑)

 

そしてちょっと興味深いのが、
そういう悪評というか不満をぶつけながらも
最終的には肯定意見で締められてる口コミが多いこと。

 

使いにくいですが子どもの歯磨き嫌いが治ったので
使い続けてますとか味が気に入ったようだとかです。

 

そのような意見も多いことから
ステマと連想する人も多いのも頷けます。

 

中にはエビデンス(根拠)そのものを疑い、
詐欺だと言う人もいますが
それもまた確証が取れていません。

 

 

・今後の展開でどう転ぶか

 

 

つまり良くも悪くも結論は出したくても
出せないというのが現状だと思います。

 

消費者のレビューや専門機関の研究が増えてきたら
また新たな見解や答えが出てくると思います。

 

好評かもしれないし悪評かもしれないし
もしくは答えが出ないまま廃れるかもしれない。

 

懐疑的に見るのであればもう少し
様子を見てからにしたほうがいいでしょう。