トップへ戻る

ブリアン フッ素 歯磨き粉

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

フッ素の歯磨き粉が良い悪い?ブリアンは良い悪い?

ブリママです。ブリアンを購入する前に調べた1つに
フッ素の危険性があります。ネットでは賛否両論。

 

そもそもブリアンにはフッ素が入ってないから、
どのみちブリアンは安全だと言う事は決定でした。

 

他の歯磨き粉についてのフッ素入りは、
歯磨き粉に入っているフッ素の含有量が、
どれだけ微量なものかで、

 

子供がフッ素入り歯磨き粉を何本一気飲みしたら
危険性が出てくるなどが多いですよね。

 

それでも、フッ素は毒だと書いてある人もいるし、
歯磨き粉は飲むものではなく吐き出す事が前提として
危険じゃないという人もいて・・

 

虫歯菌の予防の為に、歯医者でフッ素を塗るけど、
うがいをするとしても子供は絶対飲み込んでいるだろうって
危険性を疑う人も多いみたいですね。

 

こんな事も書かれていましたよ〜

 

フ ッ素は発ガン性物質です。多くのハミガキに入っています。
一部の水道水に虫歯予防の目的で添加されています。

 

『フッ素』は免疫機能、神経の働きにダメージを与え、
甲状腺などの内分泌系にも影響を与えているとの指摘もありますと・・

 

また、最近はフッ素により、チタンがイオン化し、
アレルギーを起こすとも言われているそうです。
挙げたらキリがないですけどね(汗)

 

こんな感じでフッ素はダメだと書いている事もあるけど、
フッ素を塗る事って予防としては大切だと
書かれている方もたくさんいる

 

年齢によっても対策は変わってくるものでしょう

 

普通に考えて虫歯の上からフッ素入り歯磨き粉を使った所で
虫歯は治らないわけだから、まずは虫歯は治療してから
フッ素を塗ったり、フッ素入り歯磨き粉で予防したりだよね。

 

それを行うか、ブリアンだけを使っていくのか?
歯磨き粉を使った後にブリアンを使うのか?

 

結局は、どういう風に使うのかが大事なのではないでしょうか?

 

子供が虫歯あって、歯医者にも行かないから
フッ素入り歯磨き粉でなんとかしたいっていうのは
現実的に痛みを伴う訳だから無理な話。

 

それはブリアンを使っていても同じな訳で・・
そうならない為に、歯磨きをする習慣を付けさせる
目的の為だけにブリアンを使っても良いと思うのです。

 

うちはそれが目的でも良いと思って購入しました。

 

虫歯があるのなら、フッ素やキシリトールの成分に頼らず
ちゃんと治療を前提としてあげる。

 

なんかネットの内容を見ているとブリアンが
虫歯をなんでも解決するというかさせようとしている
書き方にしか見えないです。

 

購入したママさんたちって、そんな事は微塵にも思っていないはず・・、
少なくとも私はブリアンだけでとかは思わなかったです。

 

だけど、ネットを見るとそういうやりとりが多いですね・・

 

私が大切に思うは子供の虫歯予防の為に、
子供が「歯磨き好き」になることからです。

 

そもそもシビアなママさん達って、虫歯予防のために
歯医者さんに子供をつれてって、

 

フッ素を塗ってもらうケースも多いです。

 

子ども医療証があるから、
どの家庭の子供でも「無料」なわけ。

 

フッ素を塗りに行く理由って「虫歯予防のため」なんよね。
歯の強化できますよ?!虫歯予防のためになりますよ?!
って歯医者さんは言うから・・

 

これって当たり前だと思うのです。
ママさん達からお金貰わなくても数こなして
国から貰えばいいんだもんね〜

 

仮に歯医者さんがフッ素の危険性を知っているとしても、
業務上、抗がん剤と同じで口が避けても言えないよね(笑)

 

そういう所はどうなん?って在宅介護経験がある
私は病院に対して思う節が結構あります。

 

実際、お医者さんがいう事が全てではありませんし、
基本はエビデンスに乗っ取って言われるだけでしょ?

 

癌治療だって東洋医学を西洋医学は
完全に否定するのと同じな訳です。
併用すら推奨しない方がほとんど

 

国内のフッ素の配合量は厳しい審査を受けているので
仮に飲み込んだとして問題ないと言えばそれで終わり、
確かにそうかもしれない。

 

ただ飲み込む危険性を考えてしまうのなら
それはブリアンの方が優秀でしょう・・

 

ブリアンはうがいも必要ないし飲み込んでも
成分的にも問題はありません。

 

ただ、唾液は出した方が良いとあります。

 

これは歯磨きした時の汚れは出した方が
お子さんの為には良いと思うということ

 

仮に飲み込むとして、フッ素を飲み込むのと
果たしてどちらが問題ないのかとかで考えれば
とうぜんブリアンの方に軍配があがると思います。

 

私もフッ素の危険性などは気になったので
色々と調べてはみましたが問題視されている部分が
あまりに違う気がする。

 

フッ素を塗ろうが塗るまいが、ブリアンを使おうが
虫歯予防って基本は歯磨きしないとダメって事で・・

 

この歯磨きをしない部分を解決させてくれるのが
ブリアンな訳で、子供に悪影響を及ぼさない成分だけで
歯磨き粉を作ってくれたのは素晴らしい事だと思います。

 

ブリママ自身は近所のママさんの様に、
娘を歯医者に連れてってまでフッ素を塗った事はありません

 

歯磨きしないからが前提でお母さん達は塗りに行くのか?
そもそも無料だから塗りに行くのか?どっちなのか?

 

そんな中で子供が少し大きくなるにつれて、
ブリアンが登場した事で、今度は歯磨き粉に含まれる
フッ素って体に悪いの?と疑問化してる。

 

無料の時は塗らせておいて、少し大きくなってから
今度はフッ素はダメなんじゃないのかな?って

 

歯磨き粉のフッ素の危険性を問う気持ちは分かるけど
結局、商品がどうこうよりも使用する側がどう使うのか?

 

基本は歯磨きしないとどうにもならない訳ですしね〜

 

フッ素が大切だと思うなら、先に意地でも歯磨きしてもらって
その後、ブリアンを使ってもらうでもいいでしょうし

 

うちの娘の様に子供歯磨き粉でもアワアワが嫌いな子なら
ブリアンを使って、歯磨きの習慣化からはじめればいいし

 

親が子供の歯磨きを徹底してやらなければ
何もはじまらないと思う訳です。

 

私たち親が子供の歯に対しての目的は何か?

 

虫歯予防なのか、歯磨きを好きになってもらう事なのか?

 

ブリアンだけを使うのか、ブリアンを使わないままなのか?

 

ブリアンと普段使っている歯磨き粉を併用させるのか?

 

どういう風に虫歯予防の為に、子供が歯磨きを好きになれるか?
私はそこを1番に考えて組み立てていきたいと思います。

 

ブリアンを使っている時は、一般の歯磨き粉は
使用しない方が良いとありますが、これも使う側の問題。

 

これって、ブリアンの成分BLIS菌が市販品に含まれる
あまりよろしくない成分にかき消されちゃうからなのですが、

 

フッ素入りの市販品を使う事を子供が嫌がらないのなら
先に軽く磨いた後に、仕上げとしてブリアンを使えば良いだけ

 

実際、サポートセンターにメールをしたら
ブリアンが先ではなく、そのように使う時は
ブリアンは最後に使ってくださいね!と回答をくださいました。

 

普通の歯磨き粉を使っていても、虫歯になる時はなります
それを少しでも防ぐ為にも、ブリアンを併用しても良いと思うし

 

やっぱり使う側がどういう目的で使っていくかだと思いますね!

 

ブリアンのアプローチ方法が日本では症例が少ないので
歯医者さん達が疑問に思うのも分かりますが、

 

ブリアンを作ったのは歯医者さんですけどね?(笑)

 

ネットに書かれてある方は自分たちの商売にならないからという
心情が言葉の節々に出ている気がしますよ〜

 

どれを使うかではなく、どう使うか?なのではないですか?
あれはダメ、これはダメという伝え方ではなく、

 

その人にあったやり方を伝えてあげないとって
ブリママは個人的に思う訳でした〜

 

 

ブリアンを使ってはいえるけど
フッ素も塗布したほうがいいのだろうかなどと
迷ってる方も多いと思います。

 

つまりブリアンに加えてフッ素入りの歯磨き粉を併用したり
歯医者で塗ってもらったほうがいいのだろうか
ってことですね。

 

個人的にはブリアンを使ってるのなら
それ以上のことはしなくていいと思います。

 

そうじゃないと何がどうよかったのかわからなくなりますし
下手すると逆効果になる恐れもあるからです。

 

 

・フッ素が良いとしても併用はおすすめされていない

 

 

ブリアンが登場するはるか前から
虫歯予防に効果的と言われ続けてるのがフッ素です。

 

歯の再石灰化を促進や細菌の繁殖を防ぐなどの
効果があるといわれています。

 

ただ最近はそれは真っ赤な嘘だということも
わかり始めているので状況は混沌としてきました。

 

その点を踏まえると話が長くなるので割愛しますが
今回はフッ素が虫歯予防に有効だと仮定して
話を進めていこうと思います。

 

もしフッ素が効果的だとしても
ブリアンと併用することは一般的には
おすすめされていません。

 

それは個人的にも賛同できます。

 

なぜなら歯医者に行く手間がかかりますし、
日常でフッ素だけを歯に塗ることは難しいからです。

 

 

・まずはブリアンだけを試してみては?

 

 

ブリアンとフッ素を併用するというやり方は
歯磨き粉を複数使うという意味だと思います。

 

一般的には歯磨き粉にはフッ素を含んでるものが多いので
それも使ったほうがより効果的なのでは?と
考える人が多いかもしれません。

 

仮にフッ素が歯にとって良い成分だとしても
そのやり方はまずいことはすぐわかります。

 

多くの歯磨き粉は添加物の塊のようなもので
しかもペースト状であるものが大半です。

 

ペースト状だと使いやすい反面、
水分を多く含むので腐りやすくなります。

 

だから殺菌剤などの添加物が必要不可欠となり、
ブリアンとは相反するものです。

 

ブリアンに含まれるブリス菌は弱い菌なので
殺菌剤で簡単に死んでしまうようですので。

 

どうしても併用したいのなら
ブリアンは後に使うべきですが
2段階の歯磨きはかなり面倒ではないでしょうか・・・

 

時間帯を分ける手もありそうですが・・・

 

 

あと個人的に問題だと思うのは
ふつうの歯磨き粉と併用するとブリアンが本当に
虫歯予防に効果的なのかわからなくなることです。

 

下手するとブリス菌自体を無効にして
無意味になってしまいます。

 

ブリアンは無添加という特長も大きいわけなので
併用したらそれも台無しになると思います。

 

子どもは特にデリケートなので
まずはブリアンだけにしたほうがいいかもしれません。