トップへ戻る

ブリアン 赤ちゃん

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブリアンを赤ちゃんに使わせてあげたいけど、どうなのかな?

ブリアンは子供用の歯磨き粉として
広く認知されてきています。

 

では赤ちゃんに使ってもよいか?
今は迷うところかもしれません。

 

この点については絶対的な基準があるわけではないので
一概には言えませんが危険性は高くないと思います。

 

香料は少々気になるところですが
基本的に飲み込んでも大丈夫なように
作られているそうですので大事に至る可能性は低いでしょう。

 

そもそも赤ちゃんに歯磨きは必要かの部分ですが
一般的には前歯が何本か生えてきたら
やってもよいという感じです。

 

本数は情報によってまちまちですが
2〜4本くらいだと言われます。

 

それまではガーゼや綿棒などを使い
軽く拭き取る程度でよいとされています。

 

0歳児は離乳食だと思うので
それほど歯を使わないからそのくらいでよい、
ということかもしれません。

 

2〜4本ほど生えてきたら開始してもよい、
という前提で話を進めていきます。

 

では歯磨き粉はどうなのでしょうか。

 

これも乳児にも使えるものが市販されているので
一般的には可能だと思われます。

 

ただ、赤ちゃんは大人と違って
いろいろな身体機能が未熟なため
使うとしても拘る必要があると思います。

 

ブリアンは無用な添加物を極力配合せず
すごくシンプルな構成になっているので
かなりこだわって作られたものだと予想できます。

 

イチゴ味ということで子供うけするようにも
作られているので通常のやり方と比べて
やりやすいかもしれません。

 

小さい子はよく歯磨きを嫌がるものなので・・・

 

むしろブリアンの場合はできるだけ早めの時期に
行うよう推奨されています。

 

虫歯菌がキスなどのスキンシップなどで移ることで
定着してしまうといけないと言われてるからです。

 

ブリアンには虫歯菌の一種であるミュータンス菌の
働きを抑制する働きがあるブリス菌なるものが
配合されています。

 

先に歯磨き粉に含まれているその菌を定着させて
今後の人生ずっと虫歯になりにくいようにする、
という狙いがあるようです。

 

歯磨き粉の域を超えたものと言えるかもしれません。

 

ただ、それが本当に効果的かはまだ完全に
世論での決着がついてないような所もあるそうなので
使うか使わないかは親御さん次第です。

 

一般的な歯磨き粉と比べるとかなり安全性は高いですが
驚きの効果があるかなどは考えないことですね!
継続してみないと分からないでしょうしね^^

 

ちなみに香料は合成香料(人工的に作られたもの)だそうなので
その点も考慮する必要があると思いますが、
他の歯磨き粉にはないメリットもたくさんあります!

 

小さい頃からブリアンを使う事は良いと思いますし
幼児になったら歯磨きした後の最後のお手入れとして
ブリアンという流れでいいと思いますよ^^